鷹ヶ峰とうがらし

先日、青山マルシェに「鷹ヶ峰とうがらし」をお持ちしました。
京都市北部の北山・鷹ヶ峰地区と玄琢地区で栽培が行われている唐辛子です。
昭和18年、北区鷹ヶ峰の篤農家・島本啓一氏が、知人から譲り受けた品質
の良い唐辛子を栽培、選抜して固定種を育成したそうです。
品種改良されていない固定種なので栽培が難しく繊細で弱い唐辛子だそうです。
私の京野菜の師匠の水沢さんが栽培した鷹ヶ峰とうがらしです。
特徴は唐辛子の先端の形状とカーブ「クッとつぼんでいるかたち」
最高です。イカシテマス。
味は私的には最高の唐辛子と感じています。
鷹ヶ峰と玄琢の篤農家樣方が守り続けている伝統です。
Img_8561
次回のマルシェにお持ちする予定です。
是非、鷹ヶ峰とうがらし! ご賞味下さい。
公式HP[京野菜 上賀茂 岩市]
楽天市場[京野菜専門商 上賀茂いわいち]




コメントは受け付けていません。